テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第6章:微分法・積分法]

投稿日:

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。
六回目の今日は、数学Ⅱの第6章「微分法・積分法」です。
今までと同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありませんが、関数の次数制限が緩和され、その影響があると思われます。

具体的に言うと「四次以上の微分」と「三次以上の積分」が出てくるはずです。
今までも、発展内容として扱われていましたが、おそらくそれらがSTEP Bへと移ってくるはずです。
後はそれらの割合ですが、考えても仕方がないので、実際に比べて見てみましょう。


まず、旧課程の数学Ⅱの「微分法・積分法」の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…33
STEP B(標準)…68
発展問題…18
=============
問題数合計…119

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…33
STEP B(標準)…76
発展問題…8
=============
問題数合計…117

問題数だけを見れば、若干減っています。
今まで増えることはあっても、減ることはなかったのでこれは意外です。
ですが、問題を統合してまとめていることが理由で、小問で見るとそれほど変わっていません。

また、発展問題の数が大幅に減っていますが、これは先述のように、発展問題からSTEP Bへの移行があったためです。
具体的には、やはり「四次以上の微分」と「三次以上の積分」の単元で10問近くの移行がありました
ですが、今までも入試で当たり前のように出題はされていましたから、これで困ることは特にないでしょう。
他には新しいものが2~3問加わった程度で、全体として見れば大きな変化はありません。

今日は以上です。
これで数学Ⅱが終了しましたが、全体的に計算量が増えている傾向があります。
センター試験の数学ⅡBの問題量の多さは有名ですが、それに対応した形なのかもしれません。

次回は数学Bの「ベクトル」です。
目次を見るだけでも、ボチボチ変化がある予感がするのですが、トータルで見るとどうなのでしょうか。
メジャーな変更点がないと、一つ一つを細かく見ていかなければならないので、結構大変ですね。
ですがあと少しで終わるので、頑張りたいと思います。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

入試に出る 世界史B用語&問題2000

今週の教材は、Z会出版の「入試に出る 世界史B用語&問題2000」です。 この教材は一問一答形式の問題集です。 以前はそれほど選択肢はありませんでしたが、この10年ほどで一問一答のバリエーションもかな …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第5章:指数・対数関数]

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。 五回目の今日は、数学Ⅱの第5章「指数・対数関数」です。 今までと同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありません。 ですが、今ま …

no image

教科書よりやさしい日本史

今週の教材は、「教科書よりやさしい日本史」です。 英語と数学ばかりですとバランスが悪いので、今日は社会も取り上げてみます。 身上として「バランス良く、オールマイティー」というものがありまして、いろいろ …

no image

短期集中完成スピードチェック! 政治・経済

今週の教材は、学研の「短期集中完成スピードチェック! 政治・経済」です。 この教材は、政治・経済を学習する上で、一問一答の次に手を出せそうな問題集です。 日本史や世界史と比較して、政治・経済は問題集が …

no image

WIZ1900とターゲットの比較

こんにちは。 今日は英単語帳である「英単語 WIZ1900」と「英単語ターゲット1900」を比較してみたいと思います。 ここで何度か取り上げている「WIZ1900」は、生まれて1年もたっていない新しい …