テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第6章:微分法・積分法]

投稿日:

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。
六回目の今日は、数学Ⅱの第6章「微分法・積分法」です。
今までと同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありませんが、関数の次数制限が緩和され、その影響があると思われます。

具体的に言うと「四次以上の微分」と「三次以上の積分」が出てくるはずです。
今までも、発展内容として扱われていましたが、おそらくそれらがSTEP Bへと移ってくるはずです。
後はそれらの割合ですが、考えても仕方がないので、実際に比べて見てみましょう。


まず、旧課程の数学Ⅱの「微分法・積分法」の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…33
STEP B(標準)…68
発展問題…18
=============
問題数合計…119

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…33
STEP B(標準)…76
発展問題…8
=============
問題数合計…117

問題数だけを見れば、若干減っています。
今まで増えることはあっても、減ることはなかったのでこれは意外です。
ですが、問題を統合してまとめていることが理由で、小問で見るとそれほど変わっていません。

また、発展問題の数が大幅に減っていますが、これは先述のように、発展問題からSTEP Bへの移行があったためです。
具体的には、やはり「四次以上の微分」と「三次以上の積分」の単元で10問近くの移行がありました
ですが、今までも入試で当たり前のように出題はされていましたから、これで困ることは特にないでしょう。
他には新しいものが2~3問加わった程度で、全体として見れば大きな変化はありません。

今日は以上です。
これで数学Ⅱが終了しましたが、全体的に計算量が増えている傾向があります。
センター試験の数学ⅡBの問題量の多さは有名ですが、それに対応した形なのかもしれません。

次回は数学Bの「ベクトル」です。
目次を見るだけでも、ボチボチ変化がある予感がするのですが、トータルで見るとどうなのでしょうか。
メジャーな変更点がないと、一つ一つを細かく見ていかなければならないので、結構大変ですね。
ですがあと少しで終わるので、頑張りたいと思います。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

関正生の英文法ファイナル演習POLARIS1 応用レベル

コロナウィルス感染対策のため公共交通機関を利用しなくなってから半年以上がたちました。そのため、昨年までとは違い、移動時間中の電車内で書くことができなくなった、テキスト紹介コーナー。今回から「英文法ファ …

no image

日本史オール・イン・ワン

今週の教材は、「日本史オール・イン・ワン」です。 この教材は、その名の通り歴史の流れや史料などが一まとめになったものです。 基本的には教科書のように読んでいくものですが、受験に必要な知識を効率よく押さ …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第1章:式と証明]

今日はメジャーな傍用問題集である数研出版の「4STEP」について、その変更点をまとめます。 数学ⅡB自体は旧課程と新課程で特に大きな変更点はありません。 (大きな変更は、数学ⅠAとⅢに集中しています。 …

no image

新旧「黄色チャート数学Ⅲ」の比較(その2)

こんにちは。 今日はえらく寒いですねぇ、蒲団からはみ出た足が冷たかったです。 しかもまた天気が悪く、強風注意報まで出されています。 みなさまお気をつけくださいね。 さて、今日は昨日に引き続き「黄色チャ …

no image

英文読解入門 基本はここだ!

今週の教材は、英語の「英文読解入門 基本はここだ!」です。これは英文の読み方を、短文の中で学習しようという趣旨の教材です。 俗に言う精読(英文解釈)ではなく、それをよりパターン化したものだと考えて頂け …