テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第4章:三角関数]

投稿日:

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。
四回目の今日は、数学Ⅱの第4章「三角関数」です。
前回、前々回と同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありません。

他の分野を考えても、全く変化がない可能性もあると思われます。
あるとすると基本計算問題が増えるくらいでしょうか?
これは全体的な傾向ですが、計算問題が厚くなり、計算力の向上を図りたいという意図が見て取れます。
さてさて、どうなりますかね…


まず、旧課程の数学Ⅱの「三角関数」の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…31
STEP B(標準)…32
発展問題…13
=============
問題数合計…76

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…31
STEP B(標準)…39
発展問題…15
=============
問題数合計…85

内容的には増えたものはないはずですが、1割以上問題数が増えています。
はてさて、これはどうしたことでしょうか。

細かく見てみると、これには3つの理由がありそうです。

1つ目は、「三角方程式・不等式」の問題が大幅に増えたことです。
これは前述の計算力の向上を意図したものと思われます。

2つ目は、「点の回転」という単元が発展内容として加わったことです。
これは加法定理を用いて行う作業なのですが、今までも受験向けの参考書には登場してはいました。
それが今回正式に教科書レベルで採用されたということです。

3つ目は、「和積・積和の公式」や「三角関数の合成」についての問題が増えたことです。
発展内容である「和積・積和の公式」はともかく、「三角関数の合成」の基礎問題が増えたことは喜ばしいことです。
苦手とする人が多いですからね、ここは。

今日は以上になります。
思いのほか変化があって、ちょっとうれしいです。

ここらへんから計算量に圧倒され始める人が増えるので、このような変化は歓迎すべきでしょう。
もちろんこれだけでも足りないですが、意識付けとしては十分でしょう。

次回は「指数・対数関数」です。
ここも無風地帯であることが想像されますが、思わぬ変化があるのでしょうか?
みなさまご期待ください。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

関正生の英語長文POLARIS1 標準レベル

引き続き「POLARISシリーズ」を取り上げていく、テキスト紹介コーナー。前回まで「英文法シリーズ」を取り上げていましたが、今回から「英語長文シリーズ」を取り上げていきます。英文法の「発展レベル」の対 …

no image

出る!出た!英語長文12選 (入門編)

今週の教材は、河合出版の「出る!出た!英語長文12選―頻出問題集の超決定版 (入門編)」です。 この教材は、英語長文の最初の一冊にするのに適したものです。 英語長文を読むに当たっての最初の壁は『文中の …

no image

ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B

今週の教材は、「ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B」です。 以前、同シリーズの数学Ⅰ・Aを紹介しましたが、今回はその続編です。(数学Ⅰ・Aの記事はこちら) 位置づけは前回と変わらず基礎定着を目標と …

no image

合格る計算 数学ⅠAⅡB

今週の教材は、文英堂の「合格る計算数学I・A・II・B 」です。 この教材は、計算練習用ではありますが、よくある計算練習用の教材とは趣が異なります。 それは“計算のテクニック”に重きを置いている点です …

no image

ドラゴン桜式数学力ドリル 数学I・A

今週の教材は、数学の問題集「ドラゴン桜式数学力ドリル 数学I・A」です。 これはかなり薄い教材です。問題数もそれほど多くはありません。 では何故紹介するかと言えば、数学が苦手だったり、計算が遅いと思っ …