テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第2章:複素数と方程式]

投稿日:

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。
二回目の今日は、数学Ⅱの第2章「複素数と方程式」です。
この単元は、特に新しく加わった項目はありません。
数学Ⅲにおいて"複素数平面"が復活していますが、特に数学Ⅱには影響は与えないでしょう。

あまり変化がなく、面白味に欠けると言った話もありますが、果たしてどうでしょうか?


まず、旧課程の数学Ⅱの「複素数と方程式」の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…24
STEP B(標準)…46
発展問題…5
=============
問題数合計…75

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…26
STEP B(標準)…44
発展問題…7
=============
問題数合計…77

一見すると、問題数にはあまり変化が無いように見えます。

ただ、STEP AとSTEP Bの構成比率が少し変化しています。
これは、旧課程ではSTEP Bに入っていた問題が、新課程ではSTEP Aへと移行しているためです。
計算問題をSTEP Aに移行して、基礎レベルの厚みを増そうという意図でしょう。

他には、「3次方程式の解と係数の関係」が発展内容と明記されるようになりました
旧課程では特に導入もなく問題が出ていましたが、新課程では節の始めの部分に公式を紹介しています。

また、数学Aから「二項定理」が移行してきた影響として、「二項定理」を用いた計算問題が新しく加わっています
二項定理を使うと、次数が大きくなる計算が簡単になります。
このような問題は今後も増えてくると予想されるので、二項定理は使えるようにしておくべきでしょう。

今日は以上になります。
予想通り劇的な変化はありませんでしたが、細かい変化を見つけられるとうれしいですねぇ。
これらの変化が将来的には入試問題の変化点になると思われるので、今から気をつけておいて無駄はないはずです。

次は「図形と方程式」ですか…
細かな変化を見落とさないように、集中して研究したいと思います。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B

今週の教材は、「ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B」です。 以前、同シリーズの数学Ⅰ・Aを紹介しましたが、今回はその続編です。(数学Ⅰ・Aの記事はこちら) 位置づけは前回と変わらず基礎定着を目標と …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第4章:三角関数]

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。 四回目の今日は、数学Ⅱの第4章「三角関数」です。 前回、前々回と同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありません。 他の分野を考 …

no image

短期集中完成スピードチェック! 政治・経済

今週の教材は、学研の「短期集中完成スピードチェック! 政治・経済」です。 この教材は、政治・経済を学習する上で、一問一答の次に手を出せそうな問題集です。 日本史や世界史と比較して、政治・経済は問題集が …

no image

[きめる!共通テスト]英語リーディング

大変長らく間が空いてしまいました、テキスト紹介コーナー。ちょっと記事を確認してみたら2013年12月以来、7年ぶりということになります。2013年と一口には言うものの、自分が何をしていたか簡単には思い …

no image

関正生の英語長文POLARIS1 標準レベル

引き続き「POLARISシリーズ」を取り上げていく、テキスト紹介コーナー。前回まで「英文法シリーズ」を取り上げていましたが、今回から「英語長文シリーズ」を取り上げていきます。英文法の「発展レベル」の対 …