テキスト

「英文読解入門 基本はここだ!」進度管理リスト

投稿日:

今日はちょっと趣を変えて、教材の使い方について書きます。

一冊の教材を繰り返し学習していくことは重要です。
ですが、もう出来る単元や理解している単元を何回も繰り返すことは時間の無駄になってしまいます。
そのような単元は別の問題を解いてみるのが理解を深める上でも重要です。

そこで今日は、進度や理解度を管理するためのシートを紹介したいと思います。
対象となる教材は、「英文読解入門 基本はここだ![改訂版]」です。
この教材は以前紹介した、英文解釈の入門にぴったりの教材です。(以前の記事はこちら

まずシートをこちらのページからダウンロードしてください。

(2013/04/19現在のバージョンは、1.0です。)


最初に教材をさっと見て、「学習予定日」を決めましょう。行き当たりばったりでの学習はおすすめできません。目安でよいので、ある程度決めておきましょう。
最後までの予定を決めるのは難しいですから、2週間分くらい決められればいいでしょう。

予定を決めたら、実際に教材を使って学習する段階へ進みます。
学習したら、「学習実施日」にその日付を書きます。
そして、自分で感じた理解度を「理解度」の欄にメモします。(ここは10段階でも、%表記でも構いません)
不明点が具体的になってるのであれば、「備考」の欄にメモします。(例えば、「関係詞節の見分けが△」などなど)

大切なのは、分からないことがあってもとりあえず先に進むことです。
分からないことを解決してから先に進む、ではいつまでたっても学習が進まなくなってしまう可能性があります。
それは悪循環にはまってしまう最悪のケースです。
分からないことは後で戻ればよいのです。
学校や塾の先生に質問するなり、別の参考書も読んでみたりすればきっと解決することが出来るでしょう。

このように進めれば、比較的短い時間で計画的に一通りの学習を済ませることができるはずです。
「計画性が無くてどうにも上手くいかない」と嘆いている方、ぜひ実践してみてください。
もちろん当教室でもサポート致しますので、ご関心をお持ちの方はぜひお問合せください。

今後また別の教材でも同様のリストを作成したいと思いますので、ご期待ください。
それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

文系の数学 重要事項完全習得編

今週の教材は、河合出版の「文系の数学―重要事項完全習得編」です。 この教材はその名の通り、“文系数学”での主要パターンを網羅したものです。 チャート式などの網羅本との違いが分からない、という人もいると …

no image

新旧「黄色チャート数学Ⅲ」の比較(その1)

先週予告しましたように、「黄色チャート数学Ⅲ」について新旧課程の比較をしてみたいと思います。 そろそろ数学Ⅲへ突入する高校2年生の方、ぜひ参考にしてくださいませ。 まずは問題数など、分量的な面で比較し …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数B第1・2章:ベクトル]

久しぶりのシリーズになりますが、今日は数研出版「4STEP」の変更点をみていきます。 七回目の今日は、数学Bの第1・2章「平面上のベクトル」と「空間ベクトル」です。 数学Bは初回ですが、今までと変わら …

no image

関正生の英語長文POLARIS2 応用レベル

どうにか毎週やり繰りできている、テキスト紹介コーナー。前回に続き「英語長文シリーズ」を取り上げます。 ということで、今回のテキストは、学研の「関正生の英語長文POLARIS2 応用レベル」です。 この …

no image

村尾の政経「経済」分野の特別講義

今週の教材は、学研の「村尾の政経『経済』分野の特別講義」です。 先週に引き続き、政治・経済の教材です。 先週は問題集でしたが、今週は通読タイプの参考書ですので、趣は違いますね。 受験で政治・経済を使わ …