共通テスト 大学受験 英語

共通テストとは(Ⅲ)

投稿日:7月 13, 2020 更新日:

こんにちは。ナンバー・ゼロです。

久しぶりに旅行に行きました。犬連れなので、ある程度場所が限られてしまうのですが、今回は今まで犬連れで行ったことのなかった軽井沢へ行きました。もともとあまり外に出る気はなかったのですが、なぜか毎日眠すぎて、ほとんどホテルでゴロゴロ居眠りをして過ごしてしまいました。私は甘いものには目がないので、軽井沢では有名なチョコレートの専門店に行き、しっかりとお土産(もちろん自分用含む)を購入してきました。

それでは、今回からは共通テストの難度つまりCEFRとの関係について見ていきます。

④CEFR(セファール)とは何か
 まずはCEFR=Common European Framework of Reference for Languagesについてですが、すでにご存じの方も多いでしょう。ヨーロッパ諸国では『外国語の習熟度を測る指標』として広く用いられています。
 ランクが6段階の『A1,A2,B1,B2,C1,C2(易⇔難)』に分類されており、共通テストでは、A1、A2、B1に準じた問題が出題されます。プレテストの実施要綱等でも発表されていますが、問題ごとにCEFRとのレベル対応がきちんと決められています。

それでは、共通テストで出題されるランクをひとつずつ確認していきましょう。
【A1】
①日常生活に関連した身近な提示、カタログ、パンフレットを読んで、自分が必要とする情報を読み取れる。
②身の回りの事柄に関して平易な英語で書かれたごく短い説明を読んで、イラストや写真などを参考にしながら、概要や要点を把握・推測することができる。また、情報を事実と意見に整理することができる。
③平易な英語で書かれたごく短い物語を読んで、イラストや写真などを参考にしながら、概要を把握することができる。
【A2】
①平易な英語で書かれた広告、パンフレット、予定表を読んで、自分が必要とする情報を読み取れる。また、書き手の意図を把握できる。
②身近な話題に関して、平易な英語で書かれた短い説明を読んで、概要や要点を把握することができる。また、情報を事実と意見に整理することができる。
③平易な英語で書かれた短い物語を読んで、概要を把握することができる。
【B1】
①比較的短い記事、レポート、資料を読んで、自分が必要とする情報を読み取れる。また、書き手の意図を把握したり、論理の展開を把握できる。
②身近な話題や馴染みのある社会的な話題に関する記事やレポート、資料を読んで、概要や要点を把握したり、情報を整理することができる。また、文章の論理展開を把握し、要約することができる。
③短い物語を読んで、概要を把握することができる。

このようなランク分けになっています。次回は、具体的にどの問題がどのランクなのか、プレテストの出題を用いて確認していきます。

-共通テスト, 大学受験, 英語

執筆者:

関連記事

no image

2021年度大学受験実績

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 ご家庭からの報告がおおよそ一段落つきましたので、2021年度のナンバー・ゼロの実績として掲載します。個人情報に関わる内容なので、①大学名・学部、②出身高校(公立・私立 …

no image

オンラインコースでの大学受験

こんばんは。ナンバー・ゼロです。 受験生の皆様の真摯な取り組みのおかげで、今年度のナンバー・ゼロのオンラインコースはいくぶん前に満席になっておりますが、変わらず生徒さんたちは目標の実現に向けて努力を続 …

no image

2020年度大学受験実績

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 先週ですべての大学受験生の結果が出そろいましたので、2020年度のナンバー・ゼロの実績として掲載します。個人情報に関わる内容なので、①大学名・学部、②出身高校(公立・ …

no image

早稲田と慶応(その1)

早稲田大学と慶應義塾大学と言えば、押しも押されもしない私立最難関であり、国立を含めてもトップクラスの学生が集まる大学です。 両大学とも創立から100年以上経っており、政財界に大きなパイプを持ち、卒業生 …

no image

【センター試験】国語第2問:小説の傾向と対策

前回まで、センター試験の現代文の特徴と第1問である評論の傾向と対策をまとめてきました。 3回目の今日は、第2問の『小説』について、傾向と対策を見ていきたいと思います。 1.第2問:小説の構成 問1…語 …