共通テスト 大学受験

共通テストとは(Ⅰ)

投稿日:

こんにちは。ナンバー・ゼロです。

まだまだコロナウイルスの感染状況は予断を許さない状況ではありますが、そろそろ社会・経済活動も戻りつつあるかと思うので、来たるべき入試に向けて対策を講じていかなければなりません。
そこで、今回からしばらくは、センター試験に変わって2021年から実施される大学入学共通テストについて見ていこうと思います。

それでは早速共通テストの概要から見ていきます。
①共通テストの目的
 共通テストも引き続き大学入試センターが作成しますが、センターによると「高校教育を通じて、大学教育の基礎力となる知識及び技能や思考力・判断力・表現力がどの程度身についたかを問う」のが目的とされています。
 平たく言えば、大学に入学して勉強をするために現代社会で要求されていることは、暗記重視の知識偏重型の勉強ではなく、学んだことをいかに実践的に使えるのかということになります。これは、大量に情報があふれている現代社会の中で、どのように生きていくのかとも直結する内容でしょう。
 実際、大学入試の英語に関しては上位の大学になればなるほど、知識問題は出題数がほとんどなくなり、読解問題(英文が非常に長いものが多い)すなわち思考力や判断力を問う問題が大勢を占めるようになっているのが、ここしばらくの傾向です。

大量の情報(非常に長い英文)から、いかにして必要な情報を見つけ出し、それを活用することができるのか、そしてそれを自分で判断して行動できるのか、これがまさに共通テストの目的なのです。
今後、生徒の皆さんは大学を経て、社会に出ていくことになると思うのですが、社会に出て仕事をしていくうえで、この力は必須のものとなります。大学入試、受験勉強で終わることなく、先を見据えて学習に取り組んでもらえればと思います。

文章が長くなってきたので、今回はこの辺で。次回は共通テストとセンター試験の違いなどに迫っていきたいと思います。

-共通テスト, 大学受験

執筆者:

関連記事

no image

今でも解ける大学入試数学【その1】

もう3月も下旬に入りました。暖かくなってきましたが、みなさまの町では桜は咲きましたでしょうか? ここ横浜ではもう開花しているとのことですが、私はまだ目にしておりません。 さて、現在国公立大学入試後期試 …

no image

早稲田と慶応(その2)

今日は昨日の続きで、W合格のデータを読むときの“前提”について考えていきます。 まず大切なことは、早稲田と慶応とでは受験科目が異なる、という事実です。 正確に言うと、慶応文系学部の受験科目は一般的な私 …

no image

2021年度大学受験実績

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 ご家庭からの報告がおおよそ一段落つきましたので、2021年度のナンバー・ゼロの実績として掲載します。個人情報に関わる内容なので、①大学名・学部、②出身高校(公立・私立 …

no image

国公立2次試験廃止?

国公立大学の2次試験で学力試験を廃止し、面接などでの"人物評価"に切り替える方向で検討が行われるとの報道がありました。要約すると、「学力試験は1次試験のみ(センターを元にした新テス …

no image

大学受験英語のテーマ(国公立大学編)

こんにちは。 今日からもう三月ですね。花粉もだいぶ飛んでいるようで、私は鼻がつらいです。。。 卒業式が行われた学校も多数あり、年度の終わりを感じる今日この頃です。 今まで一緒に頑張った受験生が卒業して …