大学受験

今でも解ける大学入試数学【その2】

投稿日:

今日は先日書きました「今でも解ける」シリーズの第二弾をお送りします。
図らずも第一弾が私立大学編になってしまいましたので、今日は国公立大学編にします。

前回と同様にターゲットが新高校2年生ですので、数学ⅠAの範囲内で解けるものをピックアップしています。
もちろん入試問題ですから易しくはありません。ですから今解けなくても気に病むことはありません。
ただ、雰囲気を感じて欲しいのです。
特に国公立大学では数学も全記述がほとんどです。
「記述は難しいから、国立はあきらめる」とするのではなく、今の時点では、記述問題に取り組む姿勢こそ重要なのです。

※著作権の問題がありますので、実際の入試問題は代ゼミのページでご覧ください。


1.札幌医科大学-前期の大問2
確率の問題です。座標平面を用いるもので、確率の問題としてはよくあるパターンです。
(1)は特に易しく、中学生でも解くことが出来るでしょう。
(2)(3)は「2直線の直交条件」もしくは「垂直なベクトルの内積は0」を知らない場合、しらみつぶしに数え上げることになります。
ですが、それほど条件も複雑ではないので、6×6の表をつくって数え上げるのが最も正確かもしれません。
いずれにしてもさほど難しい問題ではありません。
ハイレベルな競争になる医大ですので、これを完答できないと合格は相当難しいでしょう。

2.岡山大学(文系)-前期の大問1
整数問題の不定方程式を用いた問題です。
(1)は基本的なもので、易しいです。
つまり、「nの倍数→n×kの形で表す」というものですが、nの値が大きいだけですね。
教科書通りに不定方程式を解いても、途中で答えが出てくることに気がつくはずです。
(2)は(1)を用いた問題です。
(1)の結果を使えば答えのうち半分を求めることはできますが、条件の『整数x、y』が持つ意味に気づけないと残りは出てきません。
完答は難しいかもしれませんが、半分くらいは得点できるでしょう。

3.東北大学(文系)-前期の大問1
二次関数の問題です。
(1)は易しいです。高校1年生でも解けるでしょう。
どの問題集にもある『解の位置』についての問題です。
(2)は問題文の条件を図示すればすぐに分かるでしょう。
これも典型問題ですので、一度ならず難度も見たことがあるはずです。
旧帝国大学の1つである東北大学でもこのような問題が出ています。
つまり、「難しいことが出来なくとも、基本的なことが出来ている学生が欲しい」というメッセージです。

今日は以上です。いかがでしたでしょうか。
国公立大学は、"全記述"であることから、ハードルが高く感じられがちです。
ですが、日頃の学校の授業や宿題での練習を積み重ねていけば、案外何とかなるものです。
ぜひ選択肢の1つに国公立大学を加えてください。

それでは。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

共通テストとは(Ⅴ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 本来であれば夏休みも始まっている時期ではありますが、緊急事態宣言による休校の影響でまだ夏休みが始まっていない学校もあるのではないでしょうか。私が担当しているある生徒さ …

no image

共通テストとは(Ⅱ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 先日、この年齢になって初めてオープンカーを運転する機会が3日ありました。梅雨真っただ中で天気がいくぶん怪しいかと思いきや、初日は曇り、2日目はカンカン照り、3日目は曇 …

no image

新年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。ナンバー・ゼロです。 令和初の新年が明け、センター試験が迫ってきました。受験生の皆さんにとっては、お正月も受験勉強に取り組み、普段と変わらない生活をしていることかと思い …

no image

珍事

もう国公立大学の倍率がほぼ確定しています。概して予想通りで、難関大学、特に文系は志願者減でしたね。 しかしながら、国公立の倍率は私立の倍率とは意味が異なりますので、楽な受験にはなりません。 入学辞退者 …

no image

赤本と青本

こんにちは。 夏に行われた模試も返ってきて、受験生の意識も変わってくる時期です。 このブログでも何回か触れていますが、受験生の皆さんはもう過去問を入手していますか? まだという人は早めに買いそろえてお …