大学受験

新課程での注意点:数学B

投稿日:

昨日から、旧課程と新課程の変更点についてまとめています。
二日目の今日は数学Bです。
[1]旧課程との比較
まず、旧課程の数学Bのカリキュラムを見てみます。
1.数列
2.ベクトル
3.統計とコンピュータ
4.数値計算とコンピュータ

次に、新課程のカリキュラムを見ます。
1.数列
2.ベクトル
3.確率分布と統計的推測

とまあ、単元で見ると少なくなっていますが、実は3の「確率分布と統計的推測」に他分野からの移行単元が集まっています。


[2]変更点
数列とベクトルに関しては、特に変化なしです。
基本的に3単元から2単元を選択する形になるので、数列とベクトルを選択している場合は入試において特に変化はなさそうです。

ですが、「確率分布と統計的推測」を選択する場合は大きな変化があります。
これは元々は数学Cに組み込まれていた単元でしたので、今までは文系の学生は触れることのなかった単元です。
それが数学Bに移行してきたので、選択の仕方によっては、学習することになります。
また、今までの数学Cの内容に加えて、旧課程の数学Aから『期待値』が移行してきます。
想像するに、大学生が教養課程で学ぶ「統計学」のような内容なのではないでしょうか?

[3]入試への影響
2項でも述べましたように、基本的に3単元の中から2単元を選択する形式です。
ですので、「数列」と「ベクトル」を選択している場合は、今まで通りの問題傾向と考えて良いでしょう。

「確率分布と統計的確率」を選択している場合は、旧課程の数学Cの問題を探さなければならないでしょう。
ただ、出題範囲に指定している大学もそれほど存在しませんでしたので、選択するべきではないのかもしれません。

本日は以上です。
二日間で変更点を見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?
表記に誤り等ございましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。

それでは。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅸ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 ここのところ朝晩はようやく涼しくなり、エアコンなしでも快適に過ごせるようになりましたね。とはいっても、日中の気温はまだまだ25℃を超える日もあり、汗かきの私など、外に …

no image

よいお年をお迎えください

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 先ほど今年の最後の授業が終わりました。ある程度はきちんと休みを取らないといい仕事ができないと常々考えているため、年末年始は数日休みを取るようにしているのですが、今年は …

no image

数学インプレッション 京都大(2014-文系)前半

こんにちは、ナンバー・ゼロです。 今日は数学インプレッション第4回として、京都大学(文系)を見ていこうと思います。 今まで私立ばかりでしたが、たまたま解く必要がありまして、せっかくなら記事にしようと。 …

no image

国公立2次試験倍率を見て

現在、国公立大学の2次試験倍率が発表されています。まだ確定ではありませんが、センター試験の難化と昨今の経済状況から、概ね予想通りの展開にはなっています。 まず、センター試験難化の影響で、最難関大学は志 …

no image

国立大学受験について:勉強方針

今日は、国立大学受験に向けた勉強方法について考えていきたいと思います。 入試形式が異なる以上、勉強方法にも小さくない違いがあります。 早い段階から国立を意識した勉強を行うことで、合格の可能性を高めるこ …