大学受験

新課程での注意点:数学Ⅱ

投稿日:

もう大分暖かくなってきて、桜も咲き始めました。春が来るんだなぁとつくづく感じます。

この時期になりますと、新学年の教科書販売が行われます。
新高校2年生から理数科目が新課程に移行していますので、数学ⅡBは新しい区分けで授業が行われることになります。
今日と明日は、新課程の数学ⅡBがどのように変化したのか、そして、入試にどのような影響が出るかを見ていきたいと思います。
初日の今日は数学Ⅱです。


[1]旧課程との比較
まず、旧課程の数学Ⅱのカリキュラムを見てみます。

1.式と証明・高次方程式
2.図形と方程式
3.いろいろな関数(三角関数、指数・対数関数)

4.微分・積分

次に、新課程のカリキュラムを見ます。

1.いろいろな式(式と証明・高次方程式)
2.図形と方程式
3.指数・対数関数
4.三角関数
5.微分・積分

とまあ、こんな感じで大きな変化は見られません。
ですが、細かいところが少し変わっています。

[2]変更点
変更点は2つあります。
1.数学Ⅰから、「3次式の展開・因数分解」が移行してきた。
2.数学Aから、「二項定理」が移行してきた。

1については、昨年度多くの学校で数学Ⅰの発展内容として扱っていたので、特に意識する必要は無いでしょう。
2については、(高校生にとっては)登場の仕方が不自然にも感じられ、計算方法にも戸惑うことがあるかもしれません。

[3]入試への影響
前項の1「3次式の展開・因数分解」は特に入試への影響はないと思われます。
今までは数学Ⅰで出たものが、数学Ⅱになるだけです。

ですが、前項の2「二項定理」は微分や積分に影響が及んでくるものと予想されます。
というのは、二項定理を使うと、高次数の関数を扱いやすくなるからです。
さらに、今までは「微分は三次まで、積分は二次まで」という一応のルールがありましたが、今回そのルールが次のように変更になりました。

「微分は三次まで、積分は二次までを中心とする・・・」

今までも難関大を中心に、ルールを無視した問題は数多く見られました。
ですが、今回公式にルール変更が行われたことと、二項定理が移行されてきたことで、そのような問題の登場頻度が高くなるものと考えられます。
過去問にはあまり出てこないはずですが、受験生は注意して学習を進めなければならないでしょう。

本日は以上です。
明日は数学Bをとりあげます。
表記に誤り等ございましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。

それでは。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

共通テストとは(Ⅴ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 本来であれば夏休みも始まっている時期ではありますが、緊急事態宣言による休校の影響でまだ夏休みが始まっていない学校もあるのではないでしょうか。私が担当しているある生徒さ …

no image

私立文系での数学受験

今日は受験科目としての数学について書いていきたいと思います。 一般に国公立大学では、文系学部でもセンターや二次試験で数学を課します。 ですので、少なくともセンター試験までは数学の学習を続けなければなら …

no image

よいお年をお迎えください

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 先ほど今年の最後の授業が終わりました。ある程度はきちんと休みを取らないといい仕事ができないと常々考えているため、年末年始は数日休みを取るようにしているのですが、今年は …

no image

オンラインコースでの大学受験

こんばんは。ナンバー・ゼロです。 受験生の皆様の真摯な取り組みのおかげで、今年度のナンバー・ゼロのオンラインコースはいくぶん前に満席になっておりますが、変わらず生徒さんたちは目標の実現に向けて努力を続 …

no image

国公立2次試験廃止?

国公立大学の2次試験で学力試験を廃止し、面接などでの"人物評価"に切り替える方向で検討が行われるとの報道がありました。要約すると、「学力試験は1次試験のみ(センターを元にした新テス …