大学受験

大学入試の新潮流

投稿日:

昨日、大学入試に大きな影響を与えるであろうニュースがありました。3年後の平成28年度を目処に、東京大学が推薦入試を導入することが報道されたのです。(ニュースはこちらをご覧ください)

この報道によれば、東京大学での推薦入試導入は創設以来初めてとのことです。
現行の後期入試を廃止し、推薦入試で学生を集めるようです。

少し前から、京都大学でも同じようなニュースがありましたから、これも時代の流れなのですね。
東大も京大も、これによってペーパーテストでは選抜できない、多様な人材を集めたいと考えているのでしょう。
大学でも企業でも、多様性というのは組織の進化には必要不可欠な要素です。
同じような人しかいない、画一化された組織ではイノベーションも起きようがないわけですね。


一般の大学とは異なり、東大や京大にはこの国を引っ張っていける人材が求められています。
ですから、そこで停滞が起きると、将来的にこの国全体が停滞しかねません。
「しっかりした学生」だけを輩出するのが彼らに課された役割なのではなく、「今までにない学生」を輩出するのも同等に大切なのです。

ただ、これで勉強せずとも東大に入れるかというと、そんな世の中は甘くありません。
定員は前期の3000人に対して、約100人程度とのことです。
これは現行の後期入試とほぼ同じですが、この数字を比べるとどうしても前期で頑張った方が楽だと感じてしまいます。

ですのでみなさん、安心して勉強しましょう(笑)
やらないで後悔することはあっても、やっておいて後悔することはないはずです。
宝くじではないのですから、受験で過度なギャンブルをすることのないように準備をしましょう。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

今でも解ける大学入試数学【その2】

今日は先日書きました「今でも解ける」シリーズの第二弾をお送りします。 図らずも第一弾が私立大学編になってしまいましたので、今日は国公立大学編にします。 前回と同様にターゲットが新高校2年生ですので、数 …

no image

国公立2次試験倍率を見て

現在、国公立大学の2次試験倍率が発表されています。まだ確定ではありませんが、センター試験の難化と昨今の経済状況から、概ね予想通りの展開にはなっています。 まず、センター試験難化の影響で、最難関大学は志 …

no image

早稲田と慶応(その1)

早稲田大学と慶應義塾大学と言えば、押しも押されもしない私立最難関であり、国立を含めてもトップクラスの学生が集まる大学です。 両大学とも創立から100年以上経っており、政財界に大きなパイプを持ち、卒業生 …

no image

早稲田と慶応(その2)

今日は昨日の続きで、W合格のデータを読むときの“前提”について考えていきます。 まず大切なことは、早稲田と慶応とでは受験科目が異なる、という事実です。 正確に言うと、慶応文系学部の受験科目は一般的な私 …

no image

センター試験廃止?

6月6日に「政府の教育再生実行会議が数年後を目処としたセンター試験の廃止を検討」という報道がありました。 会議では、現在検討されている「到達度テスト」との統合も視野に、話し合いが進められるようです。 …